【国語が苦手でもOK】文章力を向上させる5つのポイント

ゆなちゃん

納得のいく文章が書けなくて辛い。
もっと良い文章が書けるようになるためにはどうしたらいいですか?

本記事では、こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 【簡単】文章力を向上させる5つのポイント
  • 文章力を向上させる上でオススメの本3つ
  • 文章力を向上させるトレーニング方法3つ
当ブログーFuji's Life noteの作者であるふじの実績
本記事の信頼性

本記事を執筆している僕は、Webライターとして3ヶ月で50万を達成。

ブログでも反映5記事で月収5桁を達成しました。

僕はもともと文章力がありませんでした。

高校時代の国語の成績は10段階で3。

大学受験で書いた小論文の模擬試験は、下から数えて13番目だったのです。

が、大学で「ライティング技法ワークショップ」という授業を受けてから、僕の文章に対する向き合い方は激変。

1から文章力を勉強し直した結果、ブログで収益を上げられるまでに成長できました。

そこで今回は、僕が文章力を向上させる上で特に重要だと思ったポイントを5つに絞って解説します!

合わせて、文章力を向上させる上でオススメの書籍も紹介します。

本記事を読むことによって、あなたの文章力が1%でも向上すれば幸いです。

それでは、本題に入ります。

目次

【簡単】文章力を向上させる5つのポイント

それでは、文章力を向上させる上で最も大切なポイントを5つ解説していきます。

結論、下記の5つです。

  1. いきなり書き始めない
  2. 文章はシンプルに
  3. 伝わる文章の「型」を使う
  4. 文章は必ず「推敲」する
  5. 「たとえ話」を積極的に使う

順番に見ていきますね。

①いきなり書き始めない

1つ目は、いきなり書き始めないことです。

  • レポート
  • ブログ
  • 原稿
  • 社内資料
  • 小論文
  • SNS投稿

あなたは上記のような文章を書く際に、いきなり書き始めていませんか?

そして、書いては消して、書いては消してを繰り返して文章を書くのが嫌になった経験はありませんか?

僕も最初はそうでした。

いきなりブログ記事を書き始めては、納得がいかずに何度もやり直し。

自己嫌悪に陥り、途中でブログを挫折したこともあります。

この問題を解決する方法はたった1つ。

書く前に構成を考えることです。

僕は本記事を書く前に、下記のような構成を作っています。

最初に「見出し」&「小見出し」だけでも作っておくと、後々の修正が大幅に減少します。

ぜひ、文章を書く前には構成を考えることを徹底してみてくださいね!

②文章はシンプルに

2つ目は、文章を極力シンプルにすることです。

下記2つの文章を見比べてみましょう。

①「ブログの書き方セミナー」というイベントですが、Twitterとメルマガの施策が効いたので、現在100人ほど集客できているため、目標進捗は順調ということかと思います。

②「ブログの書き方セミナー」の件です。集客にはTwitterとメルマガを使用しました。
現在100人ほど集客できています。今のところ順調に進んでいます。

後者の方がスッと頭に入ってきたと思います。

このように、文章はワンセンテンスワンメッセージを意識して、極力シンプルにしましょう。

文章をシンプルにすることを意識するだけでも、あなたの文章力は飛躍的に高まりますよ!

③伝わる文章の「型」を使う

3つ目は、伝わる文章の「型」使うことです。

「型」とは「文章の流れを示すパターン」のこと。

文章の「型」に当てはめることで、人間の脳が自然と理解しやすい文章構成にすることができます。

具体的な文章の「型」としては下記の通り。

  1. 逆三角形型(結論→説明):新聞記事など
  2. PREP法(結論→理由→具体例→結論):万能型
  3. 3段型(序論→本論→結論):論文など
  4. 起承転結:漫画など

どの「型」を使うか迷ったらPREP法がオススメです!

PREP法について詳しく学びたい方は、下記の記事を参考にすると良いでしょう。

④文章は必ず「推敲」する

4つ目は、書いた文章を「推敲」することです。

文章においても、振り返ることが大切。

スポーツの練習と同じです。

自分のダメなところを把握する→ダメなところを修正する。

このステップを踏まなければ、文章力を向上させることは不可能です。

ゆなちゃん
いやー…でも自分のダメな文章を見るのって心折れるんだよね…

その場合は「文賢」を使用すると良いでしょう。

あなたの文章のダメな部分を自動で指摘して、改善策を提示してくれます。

僕も自分の文章を見返すのは正直辛かったので、文賢をフル活用していました。

ふじ
ちょっと値段は高めですが、投資価値は十分にあるツールですよ!

>>あなたの文章をもっと読みやすく。文章作成アドバイスツール【文賢】

⑤比喩・たとえ話を積極的に使う

5つ目は比喩・たとえ話を積極的に使うことです。

作家の大沢在昌さんは『小説講座 売れる作家の全技術』の中で、下記のように述べています。

比喩とは、三行費やさなければ説明できないことを1行で説明できる、非常に有効なショートカットの手段です

大沢在昌:『小説講座 売れる作家の全技術』

比喩・たとえ話を使うことで「短いのに分かりやすい」という魔法のような文章を書くことができます。

特に、複雑な過程や物事を説明したい場合は、積極的に比喩・たとえ話を盛り込んでいきましょう!

文章力を向上させる上でオススメの本3つ

上記のポイントを抑えた上で、さらに文章力を向上させたい方は下記3つの書籍を読むことをオススメします。

  1. 文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた
  2. 沈黙のWebライティング
  3. 書くのがしんどい

順番に見ていきますね。

文章術のベストセラー100冊のポイントを一冊にまとめてみた

1冊目は『文章術のベストセラー100冊のポイントを一冊にまとめてみた』です。

こちらは、数々のベストセラーに関わった人気ライター2名が文章術のベストセラー本を100冊を徹底的に分析した上で、エッセンスを凝縮した本。

僕が文章力を向上させる上でバイブルにした本であり、今でも文章を書くときは常に手元に置いてます。

文章術の本選びに迷ったら、とりあえずコレを買っておけば間違いでしょう。

沈黙のWebライティング

2冊目は『沈黙のWebライティング』です。

こちらは、主にブログなどのWeb上で文章を書いている方向けの1冊。

Web上で文章を書くときの注意点やポイントから、SEOを意識したライティングノウハウまでが網羅されています。

分厚い本ですが、内容の8割は漫画形式で非常に読みやすくなっています。

そのため、読書が苦手な方にもオススメの一冊です。

書くのがしんどい

3冊目は『書くのがしんどい』です。

こちらの本は主に下記の悩みを抱えている方向け。

  • そもそも書きたいものがない
  • せっかく書いたのに読んでもらえない
  • 「あなたの文章はわかりにくい」と言われる

こちらの本では、上記のような悩みを抱える原因の9割の方が「技術面」ではなく「メンタル面」に問題があるからだと解説されています。

「え?文章力とメンタルってどう影響してるの?」と疑問を感じたあなたは、この本を読むことで文章に対する世界観が変わるでしょう。

文章力を向上させるトレーニング方法3つ

ここまで、文章力を向上させるためのテクニックやオススメの本を紹介してきました。

が、インプットしても実践でアウトプットしなければ使えるようにはなりません。

最後に、インプットした知識をアウトプットして自分の血肉にする方法を3つ紹介します。

結論、下記の3つです。

  1. Webライターとして仕事を受注する
  2. ブログを開設して発信
  3. コンテンツ販売にチャレンジする

上記の3つは、文章力を向上させつつ、お金を稼ぐことも可能。

一石二鳥の方法なので、モチベーションも継続しやすいですよ!

それでは、順番に見ていきましょう。

①Webライターとして仕事を受注する

1つ目は、Webライターとして仕事を受注することです。

ゆなちゃん
え、、いきなり仕事を受注するなんて絶対むり!

多くの方がそう思われたでしょう。

が、僕は大学3年生のときに『沈黙のWebライティング』を読んだだけの状態でWebライターの仕事を受注。

当然、最初は多くの修正が入り、嫌になることも多かったです。

しかし、その分はやく文章力を向上させることができました。

お金の面でも3ヶ月かで50万円を稼ぎ出すことに成功し、本当にやって良かったと思っています。

怒られようが、修正が入ろうが、別に死ぬわけではありません。

勇気のあるあなたには、多少の負荷をかけてでも最短で成長して欲しいなと思っています。

Webライターの仕事を受注するなら「ココナラ」がオススメです。

まずは、ココナラで募集されている案件を確認してみましょう!

もし「自分にもできそう!」というものがあれば、ぜひ受注してみてくださいね。

>>スキルのフリマ【ココナラ】

②ブログを開設して発信

2つ目は、ブログを開設して発信することです。

「いきなりWebライターの仕事を受注するのは厳しいよ、、、」

上記のように感じている方はブログがオススメです。

Webライターのように即効でお金を稼ぐことはできません。

が、ブログは自分のペースで文章トレーニングを積めるのが魅力です。

上手くいけば、将来的に放置していても勝手にお金が入ってくるマネーマシンになる可能性も!

個人的に、最初はブログからチャレンジするのが最もオススメです!

③コンテンツ販売にチャレンジする

3つ目は、コンテンツ販売にチャレンジすることです。

こちらは、かなり上級者向け。

あなたに何かしら誇れるスキル・経験がないと厳しいでしょう。

が、向上心の高いあなたなら何かしら持っていると思ったので、項目の1つとして紹介してみました。

あなたが何かしらのスキルを持っているのであれば、コンテンツとして文章にまとめてnoteBrainで販売してみましょう。

最後に:文章力は一生もののスキル

今回は、文章力を向上させる方法について解説しました。

文章力は一生もののスキルです。

学校を卒業しても、仕事を辞めても文章は一生書き続けることになるでしょう。

一度身につければ、死ぬまで役に立つなんてコスパが良いと思いませんか?

本記事で学んだことや書籍で学んだことを意識しながら、日々の文章作成に取り組んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる