大学生がプログラミングを独学する手順【実体験を元に解説します】

あつや君
大学生がプログラミングを独学で習得するのは可能?
もし可能なら、具体的にどうやってやるの?
難しいなら、代替案も教えて欲しいな!

この記事では、こんなお悩みを解決します

本記事の内容
  1. 大学生がプログラミングを独学する手順を5ステップで解説
  2. 大学生がプログラミングを独学で習得するのは厳しい件について
  3. プログラミングの独学が厳しいと感じた大学生が取るべき行動
  4. 最後に:プログラミングの重要性に気づいた大学生はラッキーです
当ブログーFuji's Life noteの作者であるふじの実績
本記事の信頼性

本記事を執筆している僕は、大学1年生のときにプログラミングを独学した経験あり。大学2年時にはプログラミングで最高月収20万円を達成しました。

大学生はプログラミングを独学で習得するのは可能なのでしょうか?

結論から言うと、可能です。
が、個人的にはプログラミングの独学をオススメしません。

本記事では、最初にプログラミングを独学で習得する手順を解説します。
その後、独学がオススメできない理由について個人的な見解をお伝えします。

独学の手順および、僕の見解を考慮した上で「独学でやってやる!」と思われた方は記事を閉じてさっそく勉強をはじめてください。

逆に「独学は厳しいな…」と感じた方は続きで代替案を紹介しているので、最後までご覧ください。

それでは、本題に入ります。

目次

大学生がプログラミングを独学する手順を5ステップで解説

5ステップを表している画像

最初に、大学生がプログラミングを独学する手順を紹介します。

結論、以下の5ステップで学習を進めると良いでしょう。

プログラミング独学手順
  1. 作りたいプロダクトを決める
  2. プロダクトに適した言語を決める
  3. 無料教材or低価格教材で基礎学習をする
  4. 基礎的なプロダクトを作成してみる
  5. 最初に決めたプロダクトを作ってみる

順番に解説しますね。

ステップ①:作りたいプロダクトを決める

最初に、あなたがプログラミングを学習した上でどんなサービスやアプリを作りたいのかを決めましょう。

要するに、最終ゴールを決めるということです。

プログラミング学習も根本にある考え方は大学受験と同様。
文系なのか理系なのかによって勉強する科目が変わるのと同じように、作りたいサービス・アプリによって学習すべき言語が変わります。

そのため、最初にゴールをハッキリさせておかないと、せっかく勉強したことが無駄になってしまう可能性が…。

ショッキングな事態に陥らないよう、最初のゴール設定を怠らないようにしてください。

ステップ②:プロダクトに適した言語を決める

続いて、ステップ①で決めたゴールを達成する上で最適な言語を洗い出しましょう。

たとえば、あなたがWeb系のプロダクトを開発したいとすれば、学習すべき言語は以下の通りです。

  • HTML
  • CSS
  • Javascript
  • PHPorRuby
  • SQL

AIやディープラーニングを駆使したサービスを開発したいのであれば、Python。
開発ではなく、データ解析ができるようになりたいのであれば、Python・Rなどを学習すると良いでしょう。

ステップ③:無料教材or低価格教材で基礎学習をする

ステップ②で学習する言語を決めたら、実際に無料教材や低価格な教材で基礎学習を進めていきましょう。

ポイントは、いきなり分厚い専門書で学習をはじめないこと。


分厚い専門書は多くの場合、専門用語で溢れています。
説明の仕方も非常に堅く、初心者が読んだら確実に挫折するでしょう。

そのため、最初は無料教材or低価格な初心者向け学習サービスで、基礎学習をするのがオススメです。

具体的には以下のサービスを利用すると良いと思います。

ざっと各サービスを眺めてみて、あなたが直感的にピンときたサービスで学習を進めてください。

ステップ④:書籍などで発展的な内容を学習をする

基礎学習を終えたら、書籍等で発展的な内容を学習していきましょう。

発展的な内容を学習する上で、ぜひ触れて欲しいのがフレームワークです。フレームワークを一言でいうと「」です。

たとえば、あなたがハート型や星形のクッキーを作るとしましょう。
生地を自分の手だけでハート型や星形にすると、いびつな形になりますよね。

そこで、多くの方はハート型や星形の「型」を使うと思います。

クッキーの型の画像

実はプログラミングにも、クッキーの「型」と同じような言語の「型」が存在するのです。

それがフレームワークと呼ばれるもので、具体的にはRubyのRuby on railsやPHPのLaravelなどが挙げられます。

フレームワークを使用せずに開発を進めるのは、道案内無しで東京から大阪まで行くようなもので、初心者にはかなり大変な作業です。

最短距離でゴールに到達するために、ぜひこのステップでフレームワークの学習をしておきましょう。

ステップ⑤:最初に決めたプロダクトを作ってみる

最後に、ステップ①〜ステップ④までで学習したことをもとに、最初に決めたサービス・アプリを作ってみましょう。

受験と同じで、教科書でインプットしただけでは知識を使いこなすことができません。

しっかりとアウトプットすることで、自分の血肉となり、稼げるスキルとなっていくのです。

非常に大変だとは思いますが、ぜひここを乗り越えて本物のスキルを手に入れてください!

大学生が独学でプログラミングを習得するのは厳しい件について

富士山の画像

上記で、大学生がプログラミングを独学で学習する手順を紹介しました。
が、実はかなりハードです。

続いて、プログラミングの独学がハードである理由について解説していきます。

結論、以下4つの壁があるから。

  1. ゴールが決められない
  2. 環境構築ができない
  3. 何から手をつけたら良いのかわからない
  4. エラーが多すぎてキツイ

順番に解説していきます。

①ゴールが決められない

1つ目の壁は「ゴールが決められない」ということです。

そもそも、あなたはプログラミングで何か作りたいプロダクトはありますか?
将来の理想の状態を明確にイメージできていますか?

ここで「はい」と答えられる方は、この項目は読まなくてOK。
先に進んでください。

しかし、多くの方は「はい」と答えられないのではないでしょうか?
僕も最初はそうでした。

作りたいものがあるわけじゃない。けど、何となく稼げそうだから。何となくこれから需要ありそうだから。プログラミングをはじめたい。

正直、これが本音じゃありませんか?

もちろん、最初の入りはそれでも大丈夫です。
が、ずっとその「何となく」の状態でいると、途中でモチベーションが維持できなくなります。

なので、強引にでも作りたいものを1つ決めたり、将来の理想像をイメージしたりすることが大切です。

とはいえ、まだ初心者で何ができるのかよくわからない方も多いでしょう。

その場合は、最初にエンジニアの先輩に相談してみるのがオススメ。
先輩の話を聞くだけでも、ある程度自分の将来像が見えてきますよ。

あつや君
いやー…身近にエンジニアの先輩がいないんですが…

その場合は、プログラミングスクールの無料カウンセリングを利用すればOK。
現役エンジニアの方が、あなたの相談に乗ってくれます。
もちろん勧誘はされますが、そこは割り切って自分の相談をすることに集中しましょう。活用できるものはどんどん活用すればいいのです。

以下、無料カウンセリングができるスクールです。

目標設定を怠り、後で無駄な勉強をしたことに後悔するか。
今少しだけ勉強時間を削って目標設定を明確にして、最短距離でゴールまで突き進むか。

あくまでも決めるのはあなた自身なので、カウンセリングに参加するかどうかはお任せします。

②環境構築ができない

2つ目の壁は「環境構築ができない」ということです。

あなたが独自のサービス・アプリを開発しようと思った時に、確実に必要になるのが環境構築です。
※環境構築とは、サービス・アプリを動かす場所を整えるといったイメージ。

この環境構築は非常に厄介で、多くの人がココで挫折します。

手順の全体像はざっとこんな感じ。

環境構築の手順書
環境構築の手順書

一人でこれを1から調べて行うのは、正直いってかなりキツイですよ。

パソコンの種類によって、うまく動作しないことも多々あります。

鬼のような環境構築を一人で出来る自信のある方は素直に尊敬です。

③何から手をつけたらいいのかわからない

3つ目の壁は「何から手をつけたらいいのかわからない」ということです。

自分でサービス・アプリを一人で開発しようと思ったとき、意外と何から手をつけるべきか迷ってしまうことが多いです。

プロのエンジニアは、あらかじめ開発設計書を作ってこの問題に対処しています。
が、初心者がいきなり開発設計書を作るのは難しいですよね。

④エラーが多すぎてキツイ

4つ目の壁は「エラーが多すぎてキツイ」ということです。

プログラミング学習をしていると、毎日のようにエラーと向き合うことになります。

初心者がエラーを独力で解決しようとすると、冗談抜きで3日間以上かかることもあるのです。

ちなみに僕の最長記録は7日間。7日間もずっと1つのエラーと戦い続けていると、さすがに心が折れます。あのとき挫折しなかった自分を褒めてあげたいです。

が、今考えると本当に無駄な時間を過ごしたなと思います。
なぜなら、プログラミングスクールに通って先生に質問すれば、ものの数分で解決できたからです。

仮に僕の時給単価を1,000円で8時間働けば8,000円。
7日間働けば5,6000円になります。

5,6000円あれば無制限質問付きのスクールに通うことができました。
その上、体系的な学習教材も手に入れることができます。

それを考慮すると、独学で学習するのは返って金銭的に損しているようにも感じます。

もちろん、あなたがエラーを数分で解決できる自信があるのなら、スクールに通う必要はありません。


しかし、ITに抵抗があり、独力での解決に多大な時間がかかってしまう未来が想像できる方は、プログラミングスクールを検討するべきでしょう。

プログラミングの独学が厳しいと感じた大学生が取るべき行動

マチュピチュに女性が立っている画像

上記で、プログラミングの独学がハードである理由について解説しました。

ここまで読み進めているあなたは、既にプログラミングの独学が厳しいなと感じた方だと思います。

続いては、プログラミングの独学が厳しいと感じたあなたに向けて、オススメの代替案を3つ紹介します!

どれを選択しても、独学で学習するよりもはるかに賢明な選択だと自負しているので、ぜひ参考にしてください!

行動①:プログラミングを諦める

1つ目は「プログラミングを諦める」ことです。

「いやいや、いきなり身も蓋もない話をするな!」と思われたかもしれません。

が、これは本音です。プログラミング以外にも大学生が学ぶと良いことはたくさんあります。

確かにプログラミングには多くのメリットがありますが、決して最適解ではありません。

あなたが人生で成し遂げたいことは何なのか?
それを達成するために、プログラミング以外の選択肢はないのか?

もう一度考え直すのも1つの選択肢だと思います。

行動②:プログラミングスクールに通う

2つ目は「プログラミングスクールに通う」ことです。

僕自身の実体験から言うと、プログラミングスクールへ投資することは最高の選択肢だと思います。

僕はプログラミングスクールに通ったことで、実際に仕事で使えるプログラミングスキルを手に入れることができました。

プログラミングスクールに通っていなければ、仕事で稼ぐことは愚か、確実に挫折していたと思います。

確かに値段は高額です。大学生には痛すぎる出費でしょう。
しかし、将来的にエンジニアになる。開発系の仕事を請け負うことによって、回収することが可能です

「プログラミングスクールに多額のお金を払ったのだから、確実に回収してやる!」というモチベーションも湧いてきます。

少しでもプログラミングスクールに興味がある方は、ぜひ無料体験に参加してみてください。

通うかどうかの判断は、無料体験の後に決めてもらえればOKです。

実体験に基づく、上記5つのスクールのレビューはこちら。

行動③:エンジニアインターンに申し込む

3つ目は「エンジニアインターンに申し込む」ことです。

少しレベルは高いですが、実際の現場に飛び込んでしまうのが最も手っ取り早いでしょう。

エンジニアインターンに参加する。
企業の研修でプログラミングの基礎を学習。
実際の仕事をこなし、現場で使えるスキルを習得。

この方法は大学生の特権でもあり、短期間かつ無料でプログラミングスキルを身につけられる最強の方法です。

あつや君
いやー…でもいきなりそれは自信がない…そもそも面接に受かるの?

結論、難易度は高いです。面接の競争率も激しい。通過しても毎日絶望すると思います。

なので、こちらは強靭なメンタルを兼ね備えている方向け。

もうワンランク難易度を下げるためには、以下のステップでエンジニアインターンに参加するのが良いでしょう。

  1. Progate・ドットインストールなどで基礎学習
  2. プログラミングスクールで体型的なスキルを習得
  3. エンジニアインターンに挑戦して、スキルを自分の血肉とする

これは僕が実際に歩んできたステップであり、大学生なら誰でも再現性のある効果的な方法です。

ぜひ、参考にしてください!

ふじ
ちなみにインターン先を探すなら、以下のサイトがオススメです!

最後に:プログラミングの重要性に気づいた大学生は幸運です

最後に朗報です。
大学生のうちにプログラミングの重要性に気づいたあなたは本当にラッキー。

その理由を解説したいと思います。

プログラミングができない大人は間違いなくヤバイ

今の50代以降の世代を見て、以下のようなことを感じた経験はありませんか?」

「なんで、こんな簡単なスマホの操作ができないの!?」

僕は何度も感じています。正直、デジタルネイティブの僕らからすると、スマホ操作が難しいとか意味不明ですよね。

この話を念頭において、続きの話を聞いてください。

2020年にプログラミング教育が小学校で必須になりました。
これが何を意味するかお分かりでしょうか?

そう、僕らより下の世代にとってプログラミングは「常識」になるということです。

つまり、下の世代から「何でこんな簡単なプログラミングの操作ができないの?」と思われるかもしれないのです!

これ、めちゃくちゃ屈辱ですよね。
当然ながら、プログラミングができない人材はどんどん市場価値が下がっていきます。

プログラミングの重要性に気づいていない大学生は、知らないうちに下の世代からバカにされ、市場価値もどんどん下がっていくのです。

だからこそ、プログラミングの重要性に気づき、当ブログを開いているあなたは超ラッキー。

プログラミングを学んで、市場価値の高い人材になりましょう!

チャレンジするなら、間違い無くいま!

上記で、プログラミングの重要性に気づいているあなたはラッキーだというお話をしました。

加えて、現在あなたが大学生であることも超ラッキーです。
その理由は以下の3つ。

  1. 体力がある
  2. 時間がある
  3. 吸収力がある

まず、大学生のあなたは社会人よりも圧倒的に体力があります。
社会人に比べれば、学習に対して感じる疲労感も圧倒的に少ないはずです。

さらに、社会人に比べて時間もあります。
時間は知識を得るための「お金」のようなものです。
時間を投資しなければ、当然ながら知識を買うことができません。

当然ですよね。お金を払っただけで知識が得られるはずがありません。
そのため、お金よりも時間をたくさん持っている大学生の方が圧倒的に有利なのです。

最後に、大学生はまだまだ若い。
脳の吸収力も抜群に良いのです。
どうせ学習するなら吸収力が衰えていないうちにやった方が効率的ですよね。

だからこそ、プログラミングにチャレンジするなら間違いなく「今」がお得ですよ!

ページを閉じて、今すぐ動き出そう!

ここまでの話を聞いたあなたは、きっと今すぐプログラミングを学びたくなっているはずです。

その気持ちが冷めないうちに、今すぐ動き出しましょう!動き出しは小さなことからでOK。

試しにProgateやドットインストールで基礎学習をしてみるのも良し。
プログラミングスクールの無料カウンセリングに申し込んでみるのも良し。
インターン先を探してみるのも良しです。

今すぐページを閉じて、最初の一歩を踏み出しましょう!
その一歩があなたの人生を変えるきっかけになることを願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる